妊婦が便秘になる原因

妊婦の便秘解消ができない原因としては、妊娠月齢によっても異なります。
妊娠初期の場合に起こる便秘の原因は、その多くがホルモンバランスの乱れによるものです。
妊娠していない時には、腸のぜんどう運動が活発に行われているため、便秘になりにくくなっています。
しかし、妊娠することによって、妊娠を安定的にするためにプロゲステロンというホルモンが多く分泌されるようになります。このプロゲステロンは、腸のぜんどう運動を低下させるはたらきもあるため、便秘に陥りやすくなってしまいます。

つわりがある方や食事の好みが変わった方も「いつもと違う」と身体が認識してしまい、消化力が低下し、それが原因で便秘になってしまうことも考えられます。

妊娠中期~後期に関しては、赤ちゃんの成長に合わせて子宮の大きさもどんどん大きくなり、その分胃や腸を圧迫してくることによって、便秘になりやすくなってしまいます。
また、つわりなどもなくなり、食欲も出てきたため、ついつい食べ過ぎてしまうことも便秘の原因です。
食物繊維や水分補給は妊婦の便秘解消に有効ですので、毎日の食事にとりいれていきましょう。
ただし、水分の摂りすぎは身体の冷えを助長し、おなかが張ってしまう原因にもなりますので注意が必要です。
私が実際に妊娠中に便秘を解消した方法を紹介します⇒妊婦 便秘 解消

妊婦の便秘解消法

 

妊娠中は、ホルモンバランスの変化や体調の変化などが目まぐるしく変わり、気分の浮き沈みや便秘などの症状を引き起こします。
特に、妊娠経験がある方にアンケートを取ったところ、「妊娠中の悩み」で便秘が1位という結果が出たそうです。

それだけ多くの妊婦さんが便秘に悩んでいるということですよね。
私自身、妊娠中は便秘になりがちで、医師から処方された漢方薬などを服用していました。
また、便秘が原因で痔になってしまう妊婦さんも多く、産院などでは親身に対応してくださると思いますので、悩んでいる場合には相談してみましょう。

便秘解消法としては、食事内容の見直しや適度な運動、軽いストレッチなどを試してみるといいでしょう。また、切迫早産などで運動を制限されているような場合には、ツボ押しも効果的です。

ただし、妊娠中は安産のツボなどを刺激してしまうと早産になってしまう場合もあるため、注意が必要です。
「便秘解消法のうち、食事の見直しも運動もストレッチも、全部試してみたけど全然出ない!」という妊婦さんにはハーブティーがオススメ!

ノンカフェインで気分を落ち着けてくれる効果があるハーブティーには、便通を良くしてくれるはたらきを持ったものがあります。ローズヒップやハイビスカス、たんぽぽコーヒー、ジンジャーなどは、体を温めて、気分を落ち着かせてくれながら、便秘解消に効果的なので、まずは試してみることから始めてみましょう。