妊婦が便秘になる原因

妊婦の便秘解消ができない原因としては、妊娠月齢によっても異なります。
妊娠初期の場合に起こる便秘の原因は、その多くがホルモンバランスの乱れによるものです。
妊娠していない時には、腸のぜんどう運動が活発に行われているため、便秘になりにくくなっています。
しかし、妊娠することによって、妊娠を安定的にするためにプロゲステロンというホルモンが多く分泌されるようになります。このプロゲステロンは、腸のぜんどう運動を低下させるはたらきもあるため、便秘に陥りやすくなってしまいます。

つわりがある方や食事の好みが変わった方も「いつもと違う」と身体が認識してしまい、消化力が低下し、それが原因で便秘になってしまうことも考えられます。

妊娠中期~後期に関しては、赤ちゃんの成長に合わせて子宮の大きさもどんどん大きくなり、その分胃や腸を圧迫してくることによって、便秘になりやすくなってしまいます。
また、つわりなどもなくなり、食欲も出てきたため、ついつい食べ過ぎてしまうことも便秘の原因です。
食物繊維や水分補給は妊婦の便秘解消に有効ですので、毎日の食事にとりいれていきましょう。
ただし、水分の摂りすぎは身体の冷えを助長し、おなかが張ってしまう原因にもなりますので注意が必要です。
私が実際に妊娠中に便秘を解消した方法を紹介します⇒妊婦 便秘 解消

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です